• 外来医師担当表(外来の受付時間、休診案内はこちら)
  • 糖尿病教育入院について
  • 求人のご案内(恵生会で一緒に働きませんか?)
  • 地域連携(地域のかかりつけ医を目指して)
  • 人間ドック・検診(専門のスタッフをそろえて人間ドックを行っております。)
  • インタビュー(スタッフの思いを動画や文章でおおくりします)
  • 恵生会看護部(誠実で温かい確かな看護を提供します)
  • 恵生会病院の駐車場はこちら

~恵生会病院の糖尿病教育入院について~

一病息災・・・

 わが国での糖尿病人口は約950万人と推定され、予備軍も含めると2,050万人を超えるといわれています。糖尿病で血糖値が高いままにしていると、三大合併症といわれる網膜症、腎症や神経障害が進行するほか、全身の血管に動脈硬化が起こりやすくなり、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などの危険が増加します。一方、きちんと自己管理や治療をすれば合併症の進行を予防することができ、健康な方と変わらない生活を送ることも出来る病気なのです。

○一生懸命頑張っているけど、なかなか血糖コントロールがうまくいかない。

%e3%81%b2%e3%81%96%e3%81%8b%e3%81%8b%e3%81%88○日常生活の中で食事や運動がうまく取り入れることができない。

○インスリン注射や血糖自己測定が難しい。

○最近太ってきた。

○禁煙できないなどの悩みはありませんか?

%e3%81%8f%e3%81%be

 当院では、糖尿病専門医を中心に糖尿病と共に生活する方、そしてご家族が、その人らしく過ごせるにはどうしたらよいか等について、糖尿病療養サポートチームで糖尿病の管理方法を一緒に考え実践していけるようにサポート致します。

教育入院コース:          %e3%81%8a%e3%81%af%e3%81%aa                 %e3%81%97%e3%82%93%e3%81%95%e3%81%a4

 恵生会病院では、糖尿病専門医(糖尿病・内分泌・代謝内科)、糖尿病療養指導士(CDE)を中心とする看護部、リハビリテーション科、栄養科、薬剤科、検査科、医事課の7部門(KDST-7) (Keiseikai DM support team -7) のスタッフで構成される糖尿病療養サポートチームで糖尿病教育入院におけるサポートを行なっています。

病状の把握や治療方針の決定を行うほか、知識や技術の習得を通じて、糖尿病を正しく理解し、自宅に帰ってから糖尿病と上手にお付き合いができるように、自己管理(食事、運動など)について自信を持って帰っていただきます。

かかりつけ医に通院中の患者さまも、3泊4日の教育入院(短期集中コース)で外来通院のみではなかなかできない検査を、総合的に集中して行い、今後の通院治療に生かして頂けるようご指導して通院中の病院、医院にお戻りいただけるように致しますので、かかりつけ医の先生にご相談ください。

内容

1週間・2週間・3泊4日(短期集中)コースと患者さまの状況に応じたプラン

 糖尿病は、自覚症状が乏しい病気ですので、各種検査(採血・採尿・ABI・TBI・頸動脈エコー等)で、血管や血液の状態、動脈硬化や糖尿病の状態(インスリン分泌能力、血糖値コントロール状況、眼、腎臓や神経など合併症の程度)をよく知っていただき、糖尿病足病変の評価(フットケア)も行い、適切な治療の選択・方針を医師と話し合い今後の治療について検討をいたします。

 

食事療法

%e3%81%97%e3%82%87%e3%81%8f%e3%81%98 管理栄養士が、個々の患者さまにそった栄養指導や、実際の食事を通してエネルギー量・食事バランスについて説明していただきます。 

 

 

 

運動療法

 %e3%81%9f%e3%81%84%e3%81%9d%e3%81%86日常生活のなかで気軽に楽しく運動を行っていただけるよう、病棟やリハビリテーション施設で理学療法士、作業療法士が全力で支援致します。運動を行う際の注意点や、必要な物品などについての情報も提供させていただきます。

 

 

薬物療法

 %e3%81%8a%e3%81%8f%e3%81%99%e3%82%8a日本糖尿病療養指導士の資格をもつ薬剤師が、患者さまに応じた正しい薬の服用の仕方や薬の副作用や低血糖についても説明致します。

 

 

 

生活指導

 %e3%81%82%e3%81%97これまでの日常生活を日本糖尿病療養指導士の資格をもつ看護師と共に振り返り、足のケアや生活するうえでの注意点について支援を致します。

 

 

 

教育

 血糖自己測定やインスリン自己注射を実施中の患者さまについては、安全に正しく実践できるように指導いた

ます。また、教本やDVD、糖尿病教室を通して糖尿病のことを知っていただけるように支援致します。

 

%e3%81%b3%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%84%e3%82%93       お申込み・お問合せについて        %e3%81%8a%e3%81%a8%e3%81%93%e3%81%b9%e3%82%8b%e3%81%a8

 当院通院中の患者さま、ご家族の方は主治医または看護師にご相談ください。

上記以外の方については、下記まで連絡をお願いします。

恵生会病院 地域連携課

TEL 072-982-5101(代)  FAX 072-980-2366

月~金 9:00~17:00    土 9:00~12:00

 〒579-8036  大阪府東大阪市鷹殿町20番29号

恵生会病院糖尿病短期集中型入院(3泊4日コース)

 糖尿病患者数は年々増加しています。残念ながら現実には40~50才代の40%前後は未治療の状態で、糖尿病合併症である網膜症、腎症、神経障害や動脈硬化性病変(心筋梗塞・狭心症・脳梗塞など)の進行・悪化が心配されています。「一生懸命に治療をしても上手くできない」「仕事が多忙で受診できない」といった方々がたくさんおられるのです。

 恵生会病院では専門医と糖尿病療養に携わる専門職員で構成される糖尿病チームKDST-7(恵生会病院糖尿病療養サポートチーム)が中心となり、短期集中型の検査、教育、治療方針の決定を行わせて頂いております。

 さらに、糖尿病の療養や治療に対する理解を深め、動機付けを強化して退院していただき、退院後も治療中断が起こらないように病院スッタフ全体で丁寧に、患者様の療養支援をさせていただきます。

<検査・診療項目>

(入院までに)

身体測定、血液検査、胸部レントゲン、心電図、腹部エコー、ABI、腹部CT、骨密度測定、神経伝導検査、フットケア眼科受診、整形外科受診(必要時)

(入 院 中)

血糖日内変動、蓄尿検査、心エコー、頸部エコー、栄養指導、TBI、お薬指導、運動療法の指導(リハビリテーション科の実践指導を含む)、DVD・テキスト学習など

<費用>

1割負担 2割負担 3割負担
入院までに 5000円 10000円 15000円
入院(3泊4日) 18000円 33000円 47000円
合計 23000円 43000円 62000円

※この金額は上記項目を行った場合の、おおよその費用です。

インスリン治療や追加されたお薬や検査等で変わることがございますのでご了承ください。

 

ページトップ

copyright © 2013 Keiseikai Medical Corporation All rights reserved.