• 外来医師担当表(外来の受付時間、休診案内はこちら)
  • 糖尿病教育入院について
  • 求人のご案内(恵生会で一緒に働きませんか?)
  • 地域連携(地域のかかりつけ医を目指して)
  • 人間ドック・検診(専門のスタッフをそろえて人間ドックを行っております。)
  • インタビュー(スタッフの思いを動画や文章でおおくりします)
  • 恵生会看護部(誠実で温かい確かな看護を提供します)
  • 恵生会病院の駐車場はこちら

看護部

 

看護部あいさつ 〜よりよい職場環境づくりでスタッフも患者さまも笑顔に〜

松本看護部長看護部長である私の努めは、みなさんが働きやすい職場を作ることです。
スタッフの笑顔を作ることが患者さまの笑顔につながります。
看護師の交流を目的とした会合や、接遇委員会の実施をはじめ、スタッフが困っていることや悩んでいることがないか、日々コミュニケーションをはかって確認しています。お互いに声をかけあうことで、ひとりで抱え込むことがないような雰囲気作りに力を入れています。

よりよい職場環境づくりを通して、患者さまの安心、そして地域医療への貢献にしてまいります。

看護部部長 松本恵美子

外来

外来:辻本師長

「地域に根ざした病院」の理念のもと、地域の皆様から『恵生会に行って診てもらおう』と選んでいただける病院でありたいと思っています。
病院の玄関である外来では、受診された方が、気軽に話しかけられる雰囲気づくりに力を入れています。また、看護師としての気配り、目配りを大切にした外来作りを目指しています。

スタッフ

私たちが担当しています。

看護部外来スタッフ

手術室

手術室と中央滅菌材料室の業務を行っています。
手術室は、時間外・夜間・祝土日の24時間待機制をとり緊急手術にも対応しています。
中央滅菌材料室には高圧蒸気滅菌器とガス(EOG) 滅菌器を設置し、病棟・外来・手術室の器具の洗浄と滅菌を行い質の良い医療機器を提供し、院内感染防止の役割を担っています

このような手術を行なっています

手術室では、外科、産婦人科、眼科の手術を行なっています。

外科

腹腔鏡下胆のう摘出術、胃切除、腸管切除術、肛門手術、ヘルニア根治術、乳がん手術など

産婦人科

帝王切開、子宮頚管縫縮術、円錐切除術、子宮内容除去術、腹腔鏡下での卵巣腫瘍摘出、子宮筋腫摘出術など

眼科

白内障手術、瞼板切除術、翼状片手術など

スタッフ

私たちが担当しています。

看護部手術室スタッフ

安心して手術を受けていただくために

手術室 辻本師長患者さまに安心して安全に手術を受けていただくために、手術前日に看護師が病棟訪問を行い、カルテの情報収集を行なっています。帝王切開ではパンフレットを作成して、不安の軽減に努めています。

パンフレットはこちらからダウンロードもできます。帝王切開パンフレット(PDF)

帝王切開パンフレット

2階病棟

2階病棟では、内科、外科、眼科、皮膚科の患者さまが入院されています。診療範囲が広い病棟ですが、チームで協力して患者さまの看護に当たっています。
患者さまの容態が急に変わることもある病棟ですので、緊急のときは大変ですが、スタッフみんなで力を合わせて迅速な対応をいたします。

スタッフのチームワークがよく、いつも笑顔がたえない病棟です。

スタッフ

私たちが担当しています。

看護部2階病棟スタッフ

3階病棟

3階は療養病棟で、主に脳血管障害後遺症、パーキンソン病、循環器系疾患、糖尿病、末期癌など の患者さまが多く入院されています。急性期の治療後、まだ医療的処置やリハビリテーションなどを必要とする患者さまが、残された機能を維持・向上できるよう病棟スタッフ以外に、リハビリテーション科職員、栄養士、薬剤師など全員で援助しています。

患者さまの特性から、長期的に看護・介護して いくなかで、患者さまだけでなくご家族の心身の疲労・ストレスにも配慮できるような病棟であることを心がけています。あいさつ・笑顔を忘れず、患者さまや ご家族の視点に立ちながら、信頼関係を大切にした医療・看護・介護の提供を目指しています。

スタッフ

私たちが担当しています。

看護部3階病棟スタッフ

南3階病棟

病棟は、療養型の病棟で、医療・介護を要する高齢の患者さまが入院されています。
他院で急性期治療を受けられ、病状が安定された方が当病棟に入院されることが多く、主な疾患は、脳梗塞後遺症の方が、多数おられます。

患者さま個々により、障害の程度にちがいがあります。その患者さまのADLをできるだけ低下しないよう、残存機能を生かせるようにし、その患者さまの生活 が、少しでもその人自身で過ごせていけるように、クオリティ オブ ライフを目指して日々の看護・介護を努めております。
できる限りADLが拡大できるような環境をつくり、残存機能をいかした生活を送れるように援助しています。日々援助を行っていく中で、少しずつできること が増し、患者さま・ご家族の笑顔がみられたりすると 嬉しさと共にやりがいを感じます。そのことから高齢の患者さまだからという諦めの目で見るのでなく、 できるのではないだろうか?という視点をもって前向きに取り組む姿勢が大切であると感じます。

当病棟には、看護師のみならず、介護福祉士・ヘルパーがいます。看護師は、看護の視点から、介護福祉士・ヘルパーは生活援助の視点から協力しながらチームワークよく一緒に援助を行ってくことを目標にしています。

当 病棟では、高齢の方も多いので病状が安定されても、医療依存度が高い患者も入院されています。寝たきりの生活をおくっておられる患者さまにも笑顔で声掛け すると目をきょろきょろと動かされたり、また声をかけたら声の方に顔を向けてくださったりされます。日々の看護の中からの気づきが大切であり、患者さまの 言葉にならない気持ちを汲んで対応することが看護の本質であると思います。

また、当病棟は、ご家族との関わりも大切であると考えています。 ご家族は患者さまとともに生きてこられ、そして困難を乗り越えてきておられます。ご家族が安心して大切な患者さまが入院生活を過ごしていただけるように誠 意をもって看護・介護にあたっていけるように日々努めています。

スタッフ

私たちが担当しています。

看護部南3階病棟スタッフ

レクレーション

入院生活を少しでも心地よく過ごしていただけますように、また、生活にメリハリがありますよう、看護師はじめ、介護福祉士・ヘルパー職員一同が心がけ、工夫をしています。

療 養病棟「時季の催し」の一環として、気分転換とリハビリを兼ねて、雛祭り・お花見・七夕・運動会・クリスマス会などを定期的に開催しています。また、病棟 にあるベランダでは、朝顔などのお花を育てる園芸・またきゅうり・なすび・トマトなどをつくるミニ野菜園を行っています。イベントでは、季節感を感じてい ただいたり、園芸・野菜作りでは、患者さまの生活の潤いや楽しみを見出していただくことを目標としています。

看護師は、生きることを支える ことが仕事であり、生命だけを護っていてもその人を支えているとはいえません。大切な時間を価値ある時間にする努力、これが生きることを支える大切な看護 だと感じます。繊細で優しい看護、思いやりのある介護は、すべての患者さまのためにありたいと考えています。

4階病棟

産婦人科を担当している4階病棟では、月に平均で約60人ほどの出産があります。
たくさんの新たな命の誕生に立ち会えることは、私たちにとっても大きな喜びです。
産婦人科からはじまった恵生会病院の看護師として、豊富な知識と経験を生かし、事故なく安全に、母子ともに健康な出産ができるよう、細心の注意を払っています。
経験豊かな助産師をはじめ看護師、スタッフが一丸となって、地域の子どもの誕生を支えてまいります。

毎週水曜日には、助産師が講師となって両親教室も開催しております。両親教室

スタッフ

私たちが担当しています。

看護部4階病棟スタッフ

ページトップ

copyright © 2013 Keiseikai Medical Corporation All rights reserved.