受付時間

⽉〜⾦/8:00〜11:00、13:30〜16:00

⼟曜⽇/8:00〜11:00

⽇曜・祝⽇は休診

メニュー
キービジュアル

診療科・部門のご案内

診療放射線

概要

ご挨拶

当院放射線科では医師の指示のもと、放射線を使用する検査をはじめ磁気やいろいろな造影剤を使用する検査まで数多くの画像検査を行っています。患者様の放射線被ばくの低減化に努め、安全かつ安心して検査を受けていただけるよう、日々の撮影業務に取り組んでいます。
そして各検査の精度や質的向上を目ざし各診療科の医師や看護師、各種部門、事務職員と共にチーム医療を行い、法人全体ともさまざまな連携をとって日常業務を行っています。
また、近隣の医院様やクリニック様から頂いた検査のご依頼には、診断価値のある医療情報と質の高い所見を日々提供出来るよう研鑽しております。
また、人間ドックやがん検診の胃バリウム検査においては日本消化器がん検診学会より認定を取得した技師による検査を行っています。
在籍している放射線技師が胃がん検診の認定技師になれるように若手の人材育成にも力を入れています。

放射線科 科長 川崎光昭

理念

安全・安心・信頼の医療を提供するため、人材育成、対話を基本とし、患者さま主体の検査を実践します。

運営方針

  1. 放射線被ばくの軽減を目指します。
  2. 診断価値のある医療情報を提供する為、知識・技術の研鑽に励みます。
  3. 検査に対する、十分な説明を実践します。
  4. 他部署と連携してチーム医療への貢献に努めます。
  5. 職場でのコミュニケーションの充実を図り、明るく健全な職場づくりを実践します。

今後は若手育成にも力を入れ、消化管の撮影においては基準撮影方指導講師・指導員による指導を強化しています。

検査内容

一般X線撮影

胸部や腹部、その他全身のレントゲン写真を撮ります。

X線TV検査

バリウム検査でよく知られる食道や胃の検査を始め、肛門からバリウムと空気を入れて行う注腸検査、また注射にて体内に造影剤を入れて胆嚢・膵臓・腎臓などさまざまな部位を検査します。
通常のレントゲン検査でははっきりしない臓器には造影剤を使用し精査します。検査によっては絶食などが必要です。

CT検査

コンピューター処理された断層(輪切り)画像の検査です。
CTではレントゲン撮影と違い、人体の輪切り像を得られるため身体の内部の状態をより詳しく調べることができます。
当院では短時間で検査ができるマルチスライスCTを設置しております。息を止めることが難しい高齢者や乳幼児、重病の患者さまにも負担が少なく検査していただけます。
検査にかかる時間は5分~20分程度です。(撮影方法や部位により変わります)

MRI検査

強力な磁場の中でコンピューター処理された画像の検査です。
CT検査と違いX線を使わず強力な磁力を利用して検査します。X線を使用しないため被ばくがなく、婦人科の検査・脳や脊椎・四肢など脳外科や整形外科領域の検査に大変有効です。ただし、ペースメーカーをされている方や、体内に金属のある方などは検査できない可能性があります。
CT検査より時間がかかり30分~60分程度かかります。

マンモグラフィ

乳房のレントゲンを専用の装置にて撮影します。乳房を圧迫板と呼ばれる板ではさみ、乳房を薄く広げて撮影します。
撮影には多少の痛みをともないますが、触診などではわからない早期の乳がんを発見するために非常に有効です。
また、日本乳がん検診精度管理中央機構が認定する検診施設であり、機構が認定する技師が対応しますので安心して検査をうけていただくことができます。

骨密度測定

骨量を測定し骨粗しょう症の判別を行います。
検査時間は5分程度です。
当院では、骨粗鬆症診断基準(2015年版)で推奨されている腰椎および大腿骨近位部の2部位のDEXA法にて計測しすることにより測定精度が高い方法で検査しています。

PACSの導入

医療技術の進歩と共に画像診断機器やシステムの進歩は目覚しく、医療環境に対応すべく最新の医療用画像管理システム(PACS)を導入しています。
患者様が過去に当院で検査された画像と瞬時に比較すること事が出来ます。
また、他院よりお持ちいただいた検査画像を当院のPACSに取り込むことにより比較することも可能です。画像情報を増やすことでより分かりやすい説明ができ、より正確な診断にもつながります。

施設認定

資格
  • マンモグラフィ認定技師
  • 胃がん検診専門技師
  • 胃がんX線検診技術部門B資格
  • 胃がんX線検診読影部門B資格
施設認定
  • マンモグラフィ検診施設画像認定施設(マンモグラフィ検診精度中央管理委員会)

他院様よりCT・MRI・骨塩定量検査予約のご案内

当院では、近隣の医療機関様からのご依頼によりCT・MRI・骨塩定量検査を実施しております。
検査をご希望の場合は、当院へお電話にてご連絡をお願いいたします。
担当者にお繋ぎし、予約日・予約時間の調整をさせていただきます。
(患者様やご家族様からの、直接的なご依頼にはお答えできませんのでご了承ください。)

CT・MRI・骨塩定量検査予約のご案内

患者様へ

施設様より予約表、問診表・同意書、造影検査の注意書きなどを受け取られましたら一度目を通していただくようお願いいたします。
また、問診表・同意書には患者様にご記入いただく箇所がございます。
ご記入いただき、当日に当院までお持ちください。

検査予約から結果のお渡しまでの流れ

紹介元施設様へ

造影検査の実施可能曜日は当院の都合上、
月曜日・水曜日・土曜日のそれぞれ午前中とさせていただきます。

予約後~当日まで

下記より必要書類を印刷し、必要事項をご記入の上、患者様へお渡しください。

(印刷ができない施設様は、患者様来院時にこちらでお渡しします。)

  • 造影検査をご依頼時、ご施設様へのお願い

    クレアチニン値がわかる3か月以内の採血データをご準備ください。
    データがない場合は当院読影医や患者様と相談のうえ、検査できない場合がありますことをご了承ください。

患者様へ

当日は予約時間の30分前には総合受付へお越しください。

当日必要物品

  • 診療情報提供書(紹介状)
  • 施設様からお預かりした書類(予約表・問診票など)
  • 健康保険証
  • 造影検査を受けられる患者様へ

    検査の正確性・患者様の安全確保の観点から、造影検査を受けられる患者様へは当日、朝食を抜いてきていただくことをお願いしております。
    なお、検査1時間前に水もしくはお茶を適量摂取していただくのは結構です。
    絶食の有無は紹介元施設様にお問い合わせください。

検査後

検査終了後、検査データをCDメディアもしくはフィルム画像として患者様にお渡しします。検査結果を受け取られた患者様は、お手数ですが紹介元施設様にお渡しください。
読影結果は、当日読影医が在席している場合は当日、それ以外は数日お時間をいただきます。読影結果が出来次第FAXにてお送りさせていただいた後、後日原本を郵送にてお送りさせていただきます。

検査後、稀に副作用が出る方がおられます。
身体の異変を感じられた方はすみやかに当院へご連絡をお願いいたします。
当院電話番号:072-982-5101(代表)

ご不明な点がございましたら当院までお気軽にご連絡ください。

交通アクセス

〒579-8036
⼤阪府東⼤阪市鷹殿町20-29
Yahoo!地図はこちら

関連施設・サイト

  • 恵生会病院 健診部
  • 医療法人恵生会 恵生会アプローズタワークリニック
  • めぐみ訪問看護ステーション部
  • 介護サービスセンター恵生会